ヘルスケアの提案

水素システムジャパンが
提案する
ヘルスケアの3本柱

病気の予防治療

健康の維持・増進

健康管理

病気の予防治療

健康の維持・増進

健康管理

生活者がヘルスケアサービスに求めているのは、不自由ない生活であったり、趣味を楽しむことであったり、人生の質・生活の質の向上であり、健康はあくまで手段にすぎません。
健康以上の価値を訴求することで、私たちは、より人間らしい生活を送ることができます。

未病とは?

人間の健康状態は、ここまでは「健康」ここから「病気」というように明確に分けることは出来ません。健康と病気の間で連続的に変化している状態を「未病」といいます。
未病というのは健康体ではなく病気になるという半病人であって、そのまま放っておくと必ず病気になるという状態のことを言うのです。この段階で早期に処理をして病気にならないようにしたり、進行しないようにしなければならないという見解が「未病」という言葉を生んだのです。

血液循環の重要性

生命活動の維持には、血液の循環を良くすることが最も重要で、人間が健康に生きてゆくためには、酸素や栄養素がうまく各細胞に運ばれてゆき、そこで不要になった二酸化炭素や老廃物を運んで帰ってくることが重要です。この循環がうまく回らなければ病気になってしまいます。

水素ガスを生活に取り入れることで、血液循環を良くし、未病の段階でそれぞ的確に察知し、自然治癒力を高めることで未病から健康体にする無限のパワーをもたらします。