水素ガス最大の効果

水素は悪玉活性酸素を除去する

水素ガス吸引で取り込んだ
水素が悪玉物質を一掃!

水素は地球上で一番小さな分子です。その分子が体の細部まで行きわたり、必要な要素は、そのまま体の“変化の要因と結合”し、水へ変える性質を持っています。悪玉物質が増えた体内に水素が入ると悪玉物質と水素がくっつき(還元され)無害な水に変わり体外へ排出されます。

善 玉 活 性 酸 素

スーパーオキシド

高い反応活性により外部から入り込んだ細菌・カビ・微生物等を殺菌・除去する役割を、神経伝達血管新生免疫力向上などで生命維持に必要なものです

悪 玉 活 性 酸 素

ヒドロキシラジカル

非常に強い酸化力で酸化させて細胞に損傷を与え身体を酸化・老化させ病気や老化を促進させる悪い活性酸素です(悪玉物質)

人は年齢を重ねるごとに体内の活性酸素が増えていき体は酸化(サビ)します。体の酸化は自分の細胞が弱ってしまい、生活習慣病や老化の原因となります。

動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞、認知症、パーキンソン病、糖尿病、肥満、白内障、肺炎、リュウマチetc.

善玉活性酸素より悪玉活性酸素のほうが酸化力は100倍あるといわれています。

現代病を防ぐ・・・血液をサラサラと血管を丈夫にする!
水素ガスを摂取したら血流が良くなる!免疫力が向上する!

「水素ガス発生装置」で高濃度の水素ガスを吸引すると血流が良くなることが確かめられております。血流の状態をモニターでチェックできるマイクロスコープを見ながら水素ガスを吸引して少しの時間で指先の毛細血管の血流が速くなるのがわかります。血液は人体の各組織へ必要な酸素や栄養を送り届ける役目をしているわけですから、通常なサラサラとした粘度の正常な血液でないと毛細血管の先端まで充分にいきわたりません。病気にかからず、元気にすごすためには、血管を健全化しておかなければなりません。

水素には副作用がありません。
何よりも安全で安心です。

ミトコンドリアは生命エネルギー
〔ミトコンドリアを元気にする=身体が元気になる〕

ミトコンドリアによって、夢の健康長寿が手に入ります。ミトコンドリアは私たちの細胞内に存在し、生きるためのエネルギーを作り出している器官です。私たちが生きているのはミトコンドリアが元気にエネルギーを生み出しているからです。逆にミトコンドリアの機能が落ちる生命エネルギーが減少して免疫力自体が落ちてしまうことになります。
水素ガスは身体のエネルギーを生み出すミトコンドリア活性化します。それによってT細胞元気になり身体の中の異物を見つけたら、すぐに攻撃して排除するという免疫システムとしての働きが正常に行われるようになります。

毛細血管から細胞へ酸素を供給する

細胞で酸素を受け取った血液(動脈血)が、毛細血管を循環。酸素や栄養素は間質液を経由し、細胞に届く。

ミトコンドリア_画像

[参考文献:ぜんぶわかる血液・免疫の事典/17ページ/奈良信雄(監修)/成美堂出版]

”水素ガス吸引”が最も効率が良い

水素ガス吸引が最も効力が良い_

水素ガス吸引は、呼吸と同じ過程で毛細血管から各細胞に
運ばれてゆき、各細胞の活性化▶︎▶︎▶︎免疫力の向上になります。

どんなに素晴らしい能力や発想を持っていても
健康が伴わなければそれを何かに役立てることは出来ません。

病気を治すから予防にシフトする。

水素の知識を深めれば、自分でできる
健康マニュアルがスタートします!

健康寿命とは

健康寿命

・平均寿命と健康寿命の差:2019年(厚生労働省推進専門委員会資料)

lifespan

男女とも平均寿命・健康寿命の差は縮小しましたが、
今後、平均寿命が延びるにつれて、この差が拡大すれば、健康上の問題だけではなく、医療費や介護費の増加による家計への更なる影響も懸念されています。健康に配慮する一方で、こうした期間に対する備えも需要になります。

カラダはどうあるべきか?

水素(H2)ガス吸引システムを使用した「ヘルスケア」の提案には30ページの「自分でできる健康マニュアル」がスタートします。

水素についてもっと知る

動画「ミトコンドリアと水素の世界」

動画「水素医学研究はどこまで進んでいるか」

動画「がん治療の免疫革命」

導入までの流れ

1.血流で健康状態をチェック

  • 生命活動の維持には、血流の循環をよくすることが最も重要!
  • 血液をサラサラにする血管を丈夫にすることが必要!

※毛細血管の長さ、形状、血流の状態で健康状態が判定できます

  • 2.血管の硬さをモニタリング(導入されていない販売代理店があります)

    最高・最低血圧、脈拍、血管年齢、血管指標API/AVIの測定結果がプリントアウト
    されます。

    ※全体的な血管の状態(AVI)、上腕の血管の硬さ(API)の測定値で生活習慣や
    動脈硬化のリスクがわかります。また、血管年齢の数値でも血管が柔らかいか、
    硬いかの判定ができます。

3.水素吸引体験

1回目の毛細管血流観察を行う(血管の長さ・血流の状態をチェック)

水素ガス吸引体験を行う(水素ガスを20分位吸引する)

2回目の毛細管血流を行う
※毛細血管の長さや血流の流れが変化し、水素ガスの吸引がいかに早く
血流に乗って細胞に行くことがわかります。

  • 4.ヘルスケアの説明

    30ページの教本(オリジナル)...進呈

導入事例

只今準備中です。